PagerDuty製品アップデート情報(2024年2月)

製品アップデート2月

本記事では、日本のPagerDutyユーザー皆様に「ぜひお伝えしたい最新の製品アップデート情報」をピックアップしてご紹介します。本記事以外の製品アップデート情報については「プラットフォームリリースノート(全体モバイル版)」をご確認ください。

Incident Workflow Integrationsが登場!

Incident Workflowの「ActionにWebhook / Datadog / Azure Function / Lambda Function」が設定可能となり、Incident Workflowと監視ツールなどを接続することができる様になりました。例えば、CPU関連のIncident発生時に、DataDogで指定期間のモニタ・ステータスまたはスナップショットを取得するなどアクションが実行できます。[Integrations] > [Workflow Integrations] で設定および管理できます。
ご契約ライセンスにより設定可能範囲が異なりますので下記をご確認ください。

PagerDuty for Salesforceカスタマーサービスのバージョンアップ

Salesforce appexchangeのPagerDuty for Salesforceサービスクラウドアプリケーションがバージョン3.13にアップデートされました。Salesforceのフィールドの値によってPagerDuty IncidentのConferenceとDescriptionを更新するPagerDutyインシデントアクションが追加されています。

✅詳細はこちら: Salesforce appexchange

「Response Play」EOLのお知らせ (2024年6月予定)

2024年6月、PagerDutyはResponse Playsを終了し、すべてのアカウントをPagerDutyのより強力なワークフローエンジンであるIncident Workflowsにアップグレードする予定です。2023年2月より一般的にご利用いただけるIncident Workflowsは、Response Playsの進化版です。Response Playsでできることをすべて取り入れ、コードなし/低コードのビルダーで柔軟性を高め、あらゆるユースケースに対応するワークフローを作成できるようになりました。詳しくは、こちらのナレッジベース記事をご覧ください。

PagerDutyを14日間無料で試してみる

700以上ものツールと連携。システム障害を自動的に検出・診断するだけでなく、適切な障害対応メンバーをアサインし、デジタル業務全体の修復ワークフローを自動化します。

PagerDutyイメージ

この記事が気になったら

  • Facebook
  • LinkedIn
  • twitter
  • はてなブックマーク

PageDuty公式アカウントをフォロー

  • Facebook
  • LinkedIn
  • twitter

関連ブログ記事関連ブログ記事

検索検索
タグタグ
インシデントをより早く・少ないリソースで解決
閉じる