PagerDuty製品アップデート情報(2023年12月)

2023.12.13更新
PagerDuty製品アップデート情報(2023年12月)

本記事では、日本のPagerDutyユーザー皆様に「ぜひお伝えしたい最新の製品アップデート情報」をピックアップしてご紹介します。本記事以外の製品アップデート情報については「プラットフォームリリースノート(全体モバイル版)」をご確認ください。

Slackを「Contact Method(連絡手段)」として追加可能に

Slackを「Contact Method(連絡手段)」として追加可能に

SlackをContact Method(連絡手段)として追加し、インシデント対応の通知ルールの一部として使用できるようになりました。SlackをNotification先として利用することで通知を逃しづらくすることができます。PagerDutyのSlackインテグレーションを組織のSlackワークスペースに追加しぜひご活用ください。

✅詳細はこちら

「Content-Based Alert Grouping」でグルーピング時間指定が可能に

Content-Based Alert Groupingで、Flexible Time Windows機能がリリースされ、グループ化時間をカスタマイズできるようになりました。これまでは、24時間の固定タイム・ウィンドウしか利用できませんでしたが、グループ化の時間をより柔軟に変更することができます。

※AIOps、Digital Operations、Event Intelligenceをご導入頂いているお客様がご利用いただけます。

✅詳細はこちら

「Global Alert Grouping」でService間のアラート削減が可能に

Global Alert Groupingの機能として、Content-based Alert GroupingとTime Windowを使用して、複数のServiceをAlert Groupingの対象とすることができるようになりました。この新しいAIOps機能により、更にノイズを削減し、インシデントの発生件数を減らし、MTTRを改善につなげることができるようになります。

※AIOpsをご導入頂いているお客様がご利用いただけます。

✅詳細はこちら

「Operational Maturity report」で活用状況を確認しましょう!

「Operational Maturity report」で活用状況を確認しましょう!

Operational Maturity reportはPagerDutyの活用成熟度を確認できるレポートです。TeamやEscalation毎の統計をレポートで確認し、パフォーマンスとROIを向上させるための実行可能な推奨事項を提供します。

※すべてのプランでご利用いただけます。

✅詳細はこちら

年末年始のサポート窓口について

弊社のサポート窓口は、下記の期間休業させていただきます。

この期間中にいただいたお問い合わせにつきましては、年明け2024年1月4日以降、順次対応させていただきます。

■年末年始の休業期間:2023年12月28日(木) ~ 2024年1月3日(水) 

プレミアムサポートをご契約のお客様は、英語でのお問い合わせにて、引き続きスムーズに対応いたします。(英語以外でお問い合わせは、SLAの対象外となりますことご了承ください)

PagerDutyを14日間無料で試してみる

700以上ものツールと連携。システム障害を自動的に検出・診断するだけでなく、適切な障害対応メンバーをアサインし、デジタル業務全体の修復ワークフローを自動化します。

PagerDutyイメージ

この記事が気になったら

  • Facebook
  • LinkedIn
  • twitter
  • はてなブックマーク

PageDuty公式アカウントをフォロー

  • Facebook
  • LinkedIn
  • twitter

関連ブログ記事関連ブログ記事

検索検索
タグタグ
インシデントをより早く・少ないリソースで解決
閉じる