製品・アドオン
PagerDutyの優位性
おすすめコンテンツ
PagerDuty Copilot
PagerDuty Copilot
重要なデジタルオペレーション業務における生成AI機能

製品別利用規約

制定:2024年5月14日

PagerDuty Product-Specific Terms

These Product-Specific Terms form part of, and are subject to, the Terms of Service, currently located at https://www.pagerduty.co.jp/service-terms-use/ made between PagerDuty, Inc. (“PagerDuty”) and Customer for the provision of the following PagerDuty Services (the “Terms of Service”). To the extent Customer is using any of the Services listed below, the additional terms corresponding to those Services apply to Customer’s use. PagerDuty reserves the right to update these Product-Specific Terms from time to time pursuant to the Modifications Section of the PagerDuty Terms of Service.

PagerDuty AIOps

PagerDuty AIOps subscriptions are billed on a consumption-based pricing model based on the number of Events that Customer consumes during the Subscription Term. An “Event” is defined as a data object submitted to PagerDuty’s events API or email integrations that has been accepted and processed by the Hosted Services. For example, an Event may be an alert originating from a monitoring system detecting and reporting a problem, or that the problem has been fixed, possibly including information about the specific systems impacted by the problem, and how severe the problem is. This can also include events ingested through the events API using PagerDuty’s pre-built integrations with third-party tools. For the avoidance of doubt, Event consumption does not include events that were found invalid, rate-limited, or were otherwise rejected by the Hosted Services.

Each tier shall include a minimum and maximum number of Events. For Customers purchasing AIOps subscriptions on non-annual Subscription Terms, the number of Events and Fee will be prorated to the length of Customer’s Subscription Term. If Customer’s Event consumption exceeds the maximum number of Events for the applicable tier purchased, additional Events for the remainder of the Subscription Term will be billed on a per Event basis, in arrears on a monthly basis at overage rates. Customer may also elect to upgrade subscriptions to a higher Event tier at any time. If Customer upgrades to a higher Event tier, the number of Events and Fee for the higher tier will be prorated for the remainder of the then-current Subscription Term and all subscriptions shall terminate on the same date. For the avoidance of doubt, Events are non-refundable, including overage Events. In the event Customer elects to upgrade its subscription during an applicable Term, no refunds or credits shall be offered for Events that Customer purchased on an overage basis. Unused Events remaining at the end of Customer’s then-current Subscription Term shall not roll over to any following Subscription Term.

PagerDuty University

PagerDuty University Virtual Training(s) shall expire and become invalid if not used by Customer within six (6) months from the Order Form Effective Date. Once PagerDuty University Virtual Training(s) have expired, no refunds, extensions, or credits shall be allowed. Virtual Instructor-led training courses are intended for up to 50 people per session.

Professional Services

Professional Services hours shall expire and become invalid if not used by Customer within 90 days from the Order Form Effective Date. Once Professional Services hours have expired, no refunds, extensions, or credits shall be allowed. The applicable SOW for Professional Services SKUs purchased on Customer’s Order Form can be found at https://www.pagerduty.com/professional-services-online-sow/

PagerDuty Runbook Automation and Process Automation On-Prem

PagerDuty Runbook Automation and Process Automation On-Prem subscriptions are purchased based on the number of Users (as defined in Section 1 of the Terms of Service) per month during the Subscription Term.  For the avoidance of doubt, individuals who access the Service through Customer’s own application user interface login or API access are still Users of the Service, as these are still individuals Customer has authorized to use the Service.

PagerDuty 製品別利用規約

本製品別利用規約は、以下の PagerDuty サービスの提供に関して PagerDuty, Inc.(以下「PagerDuty」といいます。)とお客様との間で締結された、現在 https://www.pagerduty.co.jp/service-terms-use/ に記載されている、サービス利用規約(以下「本利用規約」といいます。)の一部であり、本利用規約の適用を受けます。お客様が以下に列挙された本サービスのいずれかをご利用になる場合、それらの本サービスに対応する追加条項がお客様のご利用に適用されます。PagerDuty は、PagerDuty サービス利用規約の変更の項に従って、本製品別規約を随時更新する権利を留保します。

PagerDuty AIOps

PagerDuty AIOps のサブスクリプションは、サブスクリプション期間中にお客様が消費した本イベントの数に基づき、消費ベースの価格モデルで課金されます。「本イベント」とは、PagerDutyのイベントAPI又はEメールのインテグレーションに送信されたデータオブジェクトで、ホスティング・サービスによって受理され、処理されたものを意味します。たとえば、本イベントは、問題を検出して報告する、又は問題が修正されたことを報告する、監視システムから発信されるアラート(かかる問題によって影響を受けた特定のシステムに関する情報、及びかかる問題の深刻さに関する情報を含む場合があります。)である場合があります。また、これには、PagerDutyのサード・パーティ・ツールとの事前に構築されたインテグレーションを使用してイベントAPIを介して取り込まれたイベントも含まれます。誤解を避けるため、本イベントの消費には、ホスティング・サービスによって、無効と判断され、レートが制限され、又は拒否されたイベントは含まれません。

各区分には、本イベントの最小数及び最大数が含まれるものとします。AIOps サブスクリプションを年額以外のサブスクリプション条件で購入するお客様の場合、本イベントの数及び利用料金は、お客様のサブスクリプション期間の長さに応じて日割計算されます。お客様の本イベントの消費量が、購入された該当する区分の最大の本イベントの数を超えた場合、サブスクリプション期間の残りの期間の追加の本イベントは、本イベントごとに、超過価格で、月単位で、後払いにより請求されます。お客様は、サブスクリプションをいつでも本イベントの上位の区分にアップグレードすることも選択できます。お客様が本イベントの上位の区分にアップグレードした場合、上位の本イベントの区分の本イベントの数及び利用料金は、その時点で有効なサブスクリプション期間の残りの期間について日割り計算され、すべてのサブスクリプションは同じ日に終了するものとします。誤解を避けるため、超過料金の対象となった本イベントを含め、本イベントの払い戻しはできません。適用期間中にお客様がサブスクリプションのアップグレードを選択した場合、お客様が超過料金で購入した本イベントについては、返金又はクレジットは提供されないものとします。お客様のその時点のサブスクリプション期間が終了した時点で残っている未使用の本イベントは、次のサブスクリプション期間に繰り越されないものとします。

PagerDuty University

PagerDuty University Virtual Trainingは、注文書の発効日から 6 ヶ月以内にお客様が使用しない場合、有効期限が切れ、無効となります。PagerDuty University Virtual Trainingの有効期限が切れた場合、返金、延長、又はクレジットは認められません。Virtual Instructorによるトレーニングコースは、1 セッションあたり最大 50 名を対象としています。

プロフェッショナル・サービス

プロフェッショナル・サービスの時間は、注文書の発効日から 90 日以内にお客様によって使用されない場合、失効し、無効になるものとします。プロフェッショナル・サービスの時間が失効した後は、返金、延長、又はクレジットは認められません。お客様の注文書で購入されたプロフェッショナル・サービスのSKUに適用される作業明細書は、https://www.pagerduty.com/professional-services-online-sow/に記載の通りです。

PagerDuty Runbook Automation及びProcess Automation On-Prem

PagerDuty Runbook Automation及びProcess Automation On-Premのサブスクリプションは、サブスクリプション期間中の1ヶ月あたりのユーザー(本利用規約第1条に定義します。)の数に基づいて購入されます。 疑義を避けるため、お客様自身のアプリケーションのユーザー・インターフェース のログイン又は API アクセスを通じて本サービスにアクセスする個人は、お客様が本サービスの使用を許可した個人であるため、本サービスのユーザーとなります。