製品・アドオン
PagerDutyの優位性
おすすめコンテンツ
PagerDuty Copilot
PagerDuty Copilot
重要なデジタルオペレーション業務における生成AI機能

PagerDuty製品アップデート情報(2024年7月)

PagerDuty製品アップデート情報(2024年7月)

本記事では、日本のPagerDutyユーザー皆様に「ぜひお伝えしたい最新の製品アップデート情報」をピックアップしてご紹介します。本記事以外の製品アップデート情報については「プラットフォームリリースノート(全体モバイル版)」をご確認ください。

1️⃣ 製品アップデート情報

サービスプロファイル上にあるインシデント作成フォームを刷新 

サービスプロファイル上にあるインシデント作成フォームを刷新

サービスプロファイルのインシデント作成フォームを刷新しました。新しいフォームでは、必須フィールドを強調表示し、より簡潔な表現を使用することで、インシデント作成プロセスを強化および簡素化しています。サービス詳細ページの右上にある「+New Incident」をクリックして、この更新されたフォームにアクセスしてください。
今年の後半には、この改良されたフォームは/incidentsのページから直接作成されるインシデントでも利用できるようになる予定です。

Jeli Opportunity Stagesのタイムライン機能が、Jeli Incident Analysis を含むすべての PagerDuty プランで利用可能に

Jeli Opportunity Stagesのタイムライン機能が、Jeli Incident Analysis を含むすべての PagerDuty プランで利用可能に

新しいOpportunity Stagesのタイムライン機能は、Jeli環境における各ポストインシデントレビューのステータスを一目で見ることができます。タイムラインは各オポチュニティページの上部に表示され、現在アクティブなオポチュニティステージをハイライトします。Opportunity Stagesについて詳しくは、こちらをご覧ください。

Rundeck/Runbook Automation 5.4がリリース

Rundeck/Runbook Automation 5.4 がリリースされました。このリリースには、 CyberArk プラグインの機能強化が含まれており、Integrationに関するベストプラクティスと、様々な CyberArk 構成との統合のための柔軟性があります。このリリースでは、バグ修正、CVEの修正、より深いプラットフォームテストにも引き続き焦点を当てています。リリースノート全文はこちらをご覧ください。

自動化ポートフォリオの名称変更を発表し、PagerDuty Operations Cloud全体で自動化製品を統一しました。自動化製品はPagerDuty Automationというカテゴリに分類されるようになりました(以前はProcess Automation)。セルフホスト型製品(旧PagerDuty Process Automation On-Prem)はRunbook Automation Self-Hostedになりました。詳細はAutomationページをご覧ください。

2️⃣ Early Access 情報

運用成熟度に関するパーソナライズされたレコメンド機能

新しい「Operational Maturity(運用成熟度)に関するレコメンド機能」で、チームの業務効率を高める方法を模索しましょう。この機能は、チームのパフォーマンスを向上させるためのTOP3アクションをパーソナライズして提供するもので、実用的なインサイトを活用してプラクティスを最適化しようとするリーダーに最適です。AnalyticsOperational Maturityアナリティクス・オペレーショナル・マチュリティ)を使って、今すぐあなたの組織のOperational Maturity(運用成熟度)を評価しましょう。Early Accessページにアクセスし、「Operational Maturity Personalized Recommendations – Beta」を選択してプログラムに参加してください。

Global Intelligent Alert GroupingのEarly Accessを開始 ※AIOps顧客向けEarly Access

AIOpsをご契約されているお客様は、複数のServiceにまたがるノイズを低減するためのアラートグルーピングをする際に、PagerDuty独自の機械学習アルゴリズムを使用したシステムと手動のデータの両方を使用することが可能です。また、Contents baseとIntelligent Alert Groupingの両方を柔軟なタイムウィンドウと組み合わせることで、複数のサービス間で最大限の精度と相関制御を行うことができます。ご興味のあるAIOpsのお客様は、アーリーアクセスにサインアップし、Global Intelligent Alert Groupingを選択してください。

Operations ConsoleのEarly Accessを開始【新機能追加】※AIOps顧客向けEarly Access

NOC、ITOps、SREなどの中央ITチームは、ビジネスへの影響を最小限に抑え、カスタマーエクスペリエンスを維持するために、受信したインシデントとシステムの運用状況を共有し、リアルタイムに表示する必要があります。

PagerDuty Operations Consoleは、柔軟なフィルタによりカスタマイズされたビューを作成し、問題のトリアージと対処を一元化された場所からリアルタイムに行うことを可能にします。インシデントテーブルに、アラートカスタム詳細フィールドを表示/フィルタリング/検索する機能と、Ops Consoleで直接単一/一括アクションを実行する機能が追加されました。AIOpsのお客様は、こちらからアーリーアクセスにサインアップできます。

3️⃣ EOL関連情報

再掲:Event RulesのEOLのお知らせ (2025年1月予定)

Event ruleは、2025年1月31日にサポート終了(EOL)となる予定です。
私たちは、お客様のために、イベントを起点とした堅牢で信頼性の高い完成された機能と自動化の価値向上にリソースを捧げるために、この決定を下しました。Event Ruleの進化形であるEvent Orchestrationは、現在利用可能であり、ユーザーがルールのボリュームを圧縮し、ノイズを削減し、よく理解された手作業をより効果的に自動化するための最良の方法です。Event Orchestrationは、Event Rulesと同じ機能を持ち、同じように厳しくテストされたバックエンドアーキテクチャを使用しています。

4️⃣お知らせ

PagerDutyアカウントにアクセスするために、モバイルアプリで再ログインが必要になる場合があります

サービスのセキュリティを強化するため、これまで有効期限がなかったレガシーOAuthトークン(2022年2月以前に発行されたもの)を廃止します。
このアップデートは、今後4~5週間以内にモバイルアプリから実施される予定です。お使いのインテグレーション(REST APIまたはアプリ)とPagerDutyモバイルアプリがこれらのトークンを使用している場合、サービスの中断を防ぐためにモバイルアプリとPagerDutyインテグレーションをログアウトし、再度ログインする必要があります。重要なことですが、オンコールページング機能には影響しませんのでご安心ください。

PagerDutyソリューション解説動画
現代のシステム運用を取り巻く課題 / 現場エンジニアを救う処方箋とは?

システムが複雑化し、その変化も加速する中、システム運用を担う現場エンジニアの負荷は日々高まっています。
「インシデント対応」を例に、具体的に現場でどのような課題があるのかをご紹介。
そして、それらの課題をPageDutyがどのように解決できるのか、デモを交えて解説します。→ PagerDutyの資料をみる(無料)

PagerDury ソリューション解説動画

この記事が気になったら

  • Facebook
  • LinkedIn
  • twitter
  • はてなブックマーク

PageDuty公式アカウントをフォロー

  • Facebook
  • LinkedIn
  • twitter

関連ブログ記事関連ブログ記事

検索検索
タグタグ
インシデントをより早く・少ないリソースで解決
閉じる
システム運用の盟主が集まる年に一度の祭典
AIと自動化の新時代におけるオペレーショナル・レジリエンスの再構築
2024. 08/06(火)13:00 - 20:30
開催場所:東京ミッドタウンホール
事前登録はこちら